SERVICES SERVICE BRANDS

  • SENBIKIYA(線引屋/線引屋プラス)

    プラットイーズの看板商品である営放システム「線引屋」「線引屋プラス」の提供と、放送運行のアウトソーシングを展開します。CM出稿と放送を管理する放送局様の基幹業務を担う営放システム「線引屋」はCS/BSの事業者様の声で生まれたシステムです。基幹業務をお客様に代わって遂行するノウハウを持つプラットイーズだからこそ、本当に使いやすい営放システムの開発が実現しました。

  • METAZO(メタ蔵)

    煩雑化するコンテンツ配信業務をスマートに管理する新システム「メタ蔵」と、素材とメタの両面から配信業務をサポートします。コンテンツ業界が向かう「配信」という大きな流れのなかで、コンテンツの管理や配信準備に追われる事業者様に、システムと運用の両面からサポートします。

  • METASUKE(メタ助)

    メタデータにかかわる業務を幅広くカバーするアウトソーシングメニューです。放送や配信コンテンツの広報支援や、EPGのフォーマット変換から全国のCS局への配信まで行います。

  • KOALAER(こあらー/ADCoA)

    放送局様、広告会社様に提供するCM考査システムと、考査支援業務。多くのプロセスを擁すCM考査業務では、作業進捗の管理や俗人化するノウハウの蓄積と継承が課題でした。 こあらーとADCoAは、円滑な業務と見解のブレを防ぐことで次世代への業務引き継ぎにお役立ていただいています。

SYSTEM SOLUTIONS

  • REPOMO(レポモ)

    視聴率生データとEPG用の編成データをデータベースに取り込むことで、タイトル紐付けなどの面倒な手間が省け、視聴分析レポートを、いつでも簡単に取得できるサービスです。

  • TOPPS(トップス)

    サプライヤーがCATV局/SMATV事業者と結んだ視聴契約に基づいて毎月の視聴料を計算し、請求書を発行するシステムです。毎月の視聴世帯数に応じて請求額が変動する場合でも、請求金額を毎月の世帯数から自動計算し、請求書を出力します。

COMPANY

会社名 株式会社プラットイーズ​(PLAT EASE Corporation)
役員
  • 取締役会長

    隅田 徹

  • 代表取締役社長

    瀧 一郎

  • 取締役 常務執行役員

    加藤 徹

  • 取締役

    隅田 貫

  • 取締役(非常勤)

    小林 平

  • 取締役(非常勤)

    陣内 満

設立 2001年4月
資本金 23,820,000円
事業内容
  • デジタルコンテンツサービス企画、開発、運用
  • メタデータ、番組情報に関する業務運用
  • 放送システム開発、放送業務運用
  • 放送事業に関するコンサルテーション(業務フロー、先端技術、システム)
所在地
  • <本社>
    〒150-0012
    東京都渋谷区広尾1-13-7 恵比寿イーストビル6F
  • <サテライトオフィス 神山センター(えんがわオフィス)>
    〒771-3311
    徳島県名西郡神山町神領字北88-4
お問い合わせ info@plat-ease.co.jp
  • 本社

    JR恵比寿駅東口より徒歩8分
    東京メトロ日比谷線恵比寿駅1番出口より徒歩10分

  • サテライトオフィス

    株式会社えんがわ