STAFF スタッフ紹介

プラットイーズで
働くスタッフを紹介します

SCROLL

HARUKA
TAKAHASHI

高橋 はる香部長

メディアサービス部/放送基幹サービス部
2007年入社

SCROLL

普通では知りえない放送業界の
裏方の世界を知る

もともとプログラミングの経験がありましたが、放送業界というのはまったくの未経験でした。有期雇用の後、正社員として働き始めてもう10年以上が過ぎました。気がついたらあっという間という感じです。プラットイーズのエンジニア職は、入社後に研修があるのですが、プログラミング経験があるとはいえ、改めて教えてもらえる環境というのは私にとって段階的に仕事に慣れることができて良かったです。放送業界の裏方という普段では知りえない世界を知れたのも興味深く、その世界で開発の上流から携われる環境というのも魅力に感じています。

失敗しても、企画倒れでも、
新しいことにはどんどん挑戦すべき

入社して感じたのは、「新しいことが好きな会社だな」ということでした。「とりあえずやってみよう」という精神があって、もちろん失敗することや企画倒れといった事もありますが、そこから生まれるアイデア、サービスや顧客とのつながりをとても大事にする会社だと思います。これは、私が入社した当初からずっとプラットイーズのカラーとして根付いていると感じます。同世代の社員が中心の会社とはいえ、業務で直接関わるメンバーは実は限られてくることもあります。ただ、そんななかでも部活やイベントなど、自分が求めさえすれば、他部署のメンバーとのコミュニケーションを図れるのが良いですね。

業界、そのシステムの
スタンダードを目指して

現在、システム(サービス)の設計、開発、保守を担当しています。顧客からの要望をヒアリングして具体的にどのようにシステムに反映していくか考え、スケジュールの調整、実際の開発、リリース後の問い合わせの対応をしています。必ずしも顧客ごとにシステムをカスタマイズするということではなく、システムによっては、利用者全員に使っていただける機能としてバージョンアップすることもあります。なので、常に「スタンダードな機能とするためには、どのように機能を搭載するか?」を考えることも大切と感じています。

NEXT_YUSUKE MORIMACHI

YUSUKE
MORIMACHI

森町 祐介マネージャー

メタデータサポート部 プロモーションチーム
2014年入社

SCROLL

テレビや映画好きがこうじて
番組情報の編集職に

とにかくテレビや映画といったエンタメ全般が大好きです。前職では、テレビ情報誌の記者をしていました。自分が取材して書いた原稿が雑誌に載ることは非常にやりがいを感じていたのですが、出版業界ゆえの不規則な生活が続いていました。また、新たな環境でチャレンジしたいという思いが強くなったこともあり、転職をすることに。それまでプラットイーズのことは、まったく知らなかったのですが、転職活動を進める中で番組情報を全国に届ける企業だということを知り、魅力を感じ、入社しました。

多くの人に届けたいコンテンツ、
その作品の魅力とは

私の所属するチームでは、CS多チャンネル放送の番組紹介文を作成しています。全番組ではなく毎月各チャンネルが推しているおすすめの注目番組を紹介するのですが、まずどの番組が注目なのかを判断し、その番組の魅力を伝えるためのキャッチコピーや説明文を考えます。基本的にチャンネルから提供される番組資料を参考に作成するので、一から文章を考えることはありませんが、資料内のどの情報を使って、どんな紹介にするかを考えるのは楽しいですね。たまに大好きな映画を見つけると、ついつい作成に力が入ってしまいます(笑)。

手を挙げる人、
声を上げる人にチャンスはやってくる

私がプラットイーズに入社したのは2014年。番組情報の編集をメインで行いながらも、入社間もないころからさまざまな業務に携わっています。年齢や勤続年数によって判断されることがないので、自分から積極的に手を挙げればチャンスを与えてくれる会社だと思います。社員の声から始まるプロジェクトなども数多くあって、部活動もそのひとつ。一番部員の多いフットサル部は定期的に活動を行って大会にも参加しています。私は映画部に参加しているのですが、会議室のプロジェクター(大画面!)でみんなと映画を観ることができるので、仕事が終わった後の贅沢な時間ですね。

NEXT_MIZUHO KOMATSU

MIZUHO
KOMATSU

小松 瑞歩マネージャー

経営戦略部/営業企画部
2014年入社

SCROLL

日々、さまざまなコンテンツに携わる。
それが一番おもしろい

新卒で就職を考え始めたとき、とにかく自分が「おもしろい」と思うことは何かを考えました。テレビ番組や映像配信に関わる仕事に興味があったものの、1つのテレビ局や広告会社に入ってしまうとその会社の制作物にしか関われない。それはなんだかもったいないな、という思いがあって。そんな中で目にしたのは、プラットイーズの求人情報に書かれていた「TVを支えるひと」というフレーズ。コンテンツを制作したり、放送したりする企業でないからこそ、さまざまなコンテンツに触れられ、その価値創造に貢献できる。それは私にとってとても魅力的でした。

刻一刻と変化する
映像コンテンツビジネスに
求められること

私は主に、予算の策定や当社既存サービスおよび新規サービスの検討を行っています。インターネットの発達や高精細な映像機器の発展等に伴って、映像コンテンツ業界では今この瞬間も新しい仕事が増えています。そうなると当然、映像に携わる人の仕事は急に変化を求められたり、やらなきゃいけないことが何倍にも膨れ上がったり。そういった変化に合わせて「今、何をすれば彼らを助けられるか?私たちに求められていることとは?」を考え、業務の改善を行っていくことをミッションとしています。

変化しつづけること、
映像コンテンツの明日につながっていく

私の業務は、当社の製品やサービスを全体的に捉えて、時流に合わせて発展・改善していくことが中心です。日々目の当たりにする変化の波に、流されるのでも傍観するのでもなく、その波に乗ることができるように常識にとらわれることなく変わり続ける。それが映像業界、映像コンテンツの未来につながっていきます。プラットイーズは「縁の下の力持ち」と表現されることが多いですが、文化や資産を継承していくこと、そのお手伝いをさせていただいていることに、やりがいを感じます。

NEXT_TAKAYUKI TAKANO

TAKAYUKI
TAKANO

髙野 貴行マネージャー

次世代サービス部
2014年入社

SCROLL

きっかけは、
ふとしたときに生まれた興味から

僕は新卒でプラットイーズに入社したのですが、ちょうどその頃、多くの方がスマートフォンを使い始め、さまざまな映像コンテンツに触れる機会が増えていたタイミングでした。そんなとき、あるコンテンツを観ていたのですが、配信サービスで流れていたものと、TVで放送されたものとが異なることに気づいたんです。それまでまったく意識したことなどなかったのですが、番組の放送やコンテンツ配信がどのように行われているのか、その仕組みに興味がわきました。なので、放送も配信も関係している会社でエンジニアの募集をしていると聞いたときは「これだ!」と思いましたね(笑)。

一番のユーザーが近くにいるからこそ、
「いいシステムを作ってやろう!」

僕はエンジニアなので、やはり自分が提案した部分がシステムに反映され、ユーザーから評価されることが一番のやりがいです。プラットイーズはシステム開発だけではなく、実際にそのシステムを使用した業務を受託している会社でもあるので、一番身近なユーザーは実は社内にいるんですね。なので、改修前のリクエストや、リリース後の使い勝手などを気軽に聞くことができます。身近に遠慮のない意見を言ってくれるユーザーがいるというのは、ある種の緊張する場面も多いですが、目の前の人のために「いいシステムを作ってやろう!」というモチベーションにもなっています。

型にはまらない、
型にはめないプラットイーズらしさ

放送でも配信でも、チャンネルや放送局に求められる作業は年々変化しています。なので、新たにシステムを開発したり、ご提供を開始したりするだけではなく、既存のお客様からバージョンアップのご相談を受ける機会は多いです。ただ、そのご要望のままに手を入れていくよりも、業界の情勢や今後の変化も予測して+αとなる提案を目指しています。型にはまって守りに入ることはプラットイーズらしくない、というか、常に先々を見据えて挑戦していくことが、プラットイーズの強みだと思っています。

NEXT_HIKARU SUGINO

HIKARU
SUGINO

杉野 光

経営戦略部 事業戦略チーム
2016年入社

SCROLL

ワクワクする視聴体験で
テレビ視聴の可能性を拡げたい

入社してしばらくは番組情報の編集業務に携わり、どうやったらCATV局の方や、その先の視聴者が活用しやすいサービスになるのだろう、ということを考えていました。そんな折、新設された部署への異動が決まりました。サービスの向上や業界への新たなソリューションの提案など、異動先の経営戦略部で自分が本当にやっていけるのか不安もありました。けれど、よくよく考えるとお客様のためだったり、より多くの人にコンテンツを観てほしいだったり、根幹は変わらないんですよね。テレビの前で番組を観ることは、もう当たり前の時代ではありません。視聴者にとってはより幅広い選択肢が与えられているわけですから、それをいかに有益で、いかにワクワクさせることができるのか、考えていきたいですね。

「変わってる」を楽しむ気持ちが、
仕事をおもしろくする

それにしても、プラットイーズは変わった会社だな、と思うことが多々あります。“映画部”ではなく“ヤバい映画部”なんかがあるくらいですからね(笑)。毎年恒例の七夕祭りや収穫祭などの社内イベントだったり、古民家を改築したサテライトオフィスだったり。これらは、他の会社にはないプラットイーズの魅力でしょうし、変わったことを楽しめることこそが、プラットイーズでの仕事を楽しむコツなんじゃないか、と思っています。楽しめる気持ちは、そのままチャレンジ精神につながっていきます。プラットイーズは「やりたい!」と意志を示した人にチャンスはあるし、たとえつまずいても導いてくれる人がいる。僕も入社早々からさまざまなチャレンジをさせてもらっています。

テレビを観ない(?)
僕たち世代にできること

今後挑戦していきたいこととしては、同世代の仲間が多い会社で、せっかくなので同世代で何かプロジェクトを遂行していきたいな、と思っています。放送と通信との垣根がなくなり、放送の概念が変わりつつあります。放送業界が変革の時代にあって、「テレビ離れ」と言われる僕たち世代だからこその新たなソリューションを生み出せたら、業界や放送の未来を変える何かができたら、それはきっとすごいことですよね。今はまだ漠然とした想いですが、5年後、10年後、その中心でいたいと思います。

NEXT_TOMOE NAKAMURA

TOMOE
NAKAMURA

中村 巴

経営戦略部 事業推進チーム
2017年入社

SCROLL

テレビ局プロデューサー志望から、
制作者と視聴者を結ぶ立場に

もともとは、テレビ局のプロデューサーを目指して就職活動をしていたんです。それは、学生時代から問題意識を持っていた「情報と人のマッチングを最適化すること」を念頭に置きながら働きたいと思っていたからです。プラットイーズは番組紹介サービスの提供や、接触率・視聴動向の分析など、CS多チャンネル放送の事業者が抱える課題に対して、データという側面からアプローチしていることを知り、視聴者と情報との接点に広く関わることができると感じ、入社しました。

お客様を笑顔にすることができる、
それが一番のやりがい

実際にテレビ局にインターンとして参加したこともあるのですが、そのときにテレビ局の方々が抱えている課題を垣間見た気がします。いざプラットイーズに入社して、影ながらそのときにご指導いただいた方々のお役に立てているのかな、なんて。働いていて思うのは、お客様に「プラットイーズがいてよかった」と言っていただいたときが、一番なんですよね。

放送運行の実務を経て、
広報・人事担当として

放送運行業務のオペレーションを経て、現在は広報や人事に携わっています。放送局様をはじめとしたお客様や、採用応募者にプラットイーズを知っていただく場面では、放送運行の実務を経験したことで、より自信を持ってプラットイーズの紹介ができていると思います。また、社内広報にも取り組んでいます。プラットイーズは「課題が見つかったらみんなで考えよう」という空気があって、風通しは良いかと思います。それでも、ともすると情報が滞留しないともいえませんので、たとえば業務効率化のアイデアや実績などを共有しやすいように、社内でのコミュニケーションの活性化にも取り組んでいます。

NEXT_KOUHEI YAMASHITA

KOUHEI
YAMASHITA

山下 耕平

放送基幹サービス部
2017年入社

SCROLL

大学で培ったロジカルな思考で
テレビ業界を支えていく

私は新卒でプラットイーズに入社したのですが、就職活動をする中で自分のやりたいことを考えたときに、「好きなことを仕事にできたら楽しいだろうな」と漠然と考えていました。そのときに浮かんだのが“テレビ”でした。私は子供のころからケーブルテレビを見て育ったこともあり、テレビも映画も大好きだったので、そんな分野に携わる仕事がしたいと思ったんです。また、理系の大学に通っていたので、数学や物理を学ぶ上で培ったロジカルな思考はプログラミングに活かせると思いました。テレビに関わる仕事、大学で学んだことを活かせる仕事、この2つにマッチしたのがプラットイーズでした。

お客様からの「ありがとう」は
何よりのやりがいを感じる瞬間

プラットイーズの主力商品である営放システム「線引屋」。入社してまもなく、その「線引屋」の保守業務を担当するようになりました。お客様に操作方法をお伝えするときは、いかにストレスなく操作していただけるかという点に配慮します。そんなお客様とのやりとりの中で、「丁寧な対応ありがとう」と言っていただけたときは素直に嬉しいですし、自分が役に立てているという実感がわくのでやりがいを感じる瞬間ですね。不具合のご相談があった場合は、私自身で改修を行うこともあります。まだ私ひとりの力では解消できない場合もあり、先輩に相談しながら進めることもありますが、ひとつひとつの学びが放送を支えていくと思うとワクワクします。

5年後、その先に目指すのは、
プロジェクトの中心人物

今はまだスキルアップを図っている段階ですが、5年後の自分を想像したときに、責任感をもって業務を遂行し、プロジェクトを自分で動かし進められるような存在になっていたいと思います。いつかはマネージメントをやりたいという気持ちもありますし、興味もありますが、今はそのためにも仕事を進める上での専門的な知識やスキルを身につける時期なので、さまざまな経験を積むことで自分で判断できる場面を増やし、スキルアップをしていきたいです。そして、プロジェクトの中心メンバーとなって業務を進めたり、お客様とやりとりをしたりと、主体的に物事を進められるような存在になりたいです。

NEXT_TAKUYA ISHIKAWA

TAKUYA
ISHIKAWA

石川 拓也

えんがわオフィス 映像メディア技術部
2013年入社

SCROLL

先進的な田舎町に発展した
故郷・神山

高校卒業まで徳島で過ごした後、大阪の大学へ進学しました。大学では映像に関する勉強をしていたので、卒業後に映像関連の仕事に就きたいと思うのは自然な流れでした。そうなると、必然的に徳島での就職というのは選択肢からは外れるわけで、そのまま大阪で就職したんです。そんなある日、地元の神山町でこの会社のサテライトオフィスができたことを知りました。少し前から神山町に東京のIT企業なんかがオフィスを構えるようになったとは聞いていたのですが、それでも知らない間に自分の知っている神山町から先進的な田舎町に変貌を遂げていることは驚きましたね。自分が育った町というのは、やはり特別な存在であって、プラットイーズなら自分の好きな場所で自分の好きなことができるかもしれないと思い、入社しました。

神山と東京、
自分の価値観で働くということ

入ってみると20代後半の自分と年齢の近い人も沢山いて、仕事の相談などしやすい雰囲気がありました。こんな田舎なのに東京と同じ設備で仕事ができるというのもすごいですよね。それでいて、会社を一歩出れば、のどかな田園風景が広がっているという不思議な環境です。休憩時間にちょっと散歩して、リフレッシュすることもよくあります。東京の本社と神山のサテライトオフィス、価値観が異なる環境のオフィスを構えていて、働く僕たちが自分の価値観で選択できるということが、プラットイーズの魅力です。神山にいる自分にとっては、東京の人たちとプロジェクトをともにしたり、最先端の技術や文化にも触れられたりするというのは、プラットイーズならではだと思っています。

「当たり前」が喜びになる仕事

プラットイーズはよく「放送の縁の下の力持ち」と表現されます。放送や配信に関わる運用がスムーズに行われるようにお手伝いするというのは、一般の方の目に触れることはなく、なかなかイメージしづらいとも思いますし、家族や友人にも伝わりづらい。だけど、「当たり前に放送される」ということが何よりも自分たちにとって「成功」であって、実はいろんな場面で自分の関わった仕事に触れる機会があります。多くの人は普段意識もしないでしょうし、気づきもしないことであっても、自分の頑張りが確かにそこに存在していると思うと、やりがいを感じます。

NEXT_TAIZO TAMAGAWA

TAIZO
TAMAGAWA

玉川 泰三

えんがわオフィス 放送基幹サービス部
2015年入社

SCROLL

東京でのキャリアを生かして
地元で働く

19歳のとき東京の大学へ進学、大学では情報系を専攻していました。卒業後は、携帯電話のアプリケーションを製造している会社に就職し、その後、医療系の検診システムを開発している会社など何社か転職も経験しています。その後、家庭を持ち、家庭の事情から38歳のときに徳島の実家に帰ることになりました。地元に帰ることが決まったとき、自分にどんな仕事ができるだろうと考え、どんな仕事があるんだろうと探していたところ、このえんがわオフィスの存在を知りました。地元の徳島県でも、東京で働いていたときの経験が生かせる仕事ができ、また、大自然に囲まれて仕事ができることに興味を持ったのがきっかけです。業界未経験でしたが、全国のケーブルテレビ、CS放送業務に携わることができるのは、やりがいを感じて働けるのではないか、と思いました。

お客様の声を直接聞ける環境が、
次の提案・開発につながっていく

BS・CS放送事業者、地上波局、CATV事業者の基幹業務システムである営放システム(線引屋)のサポート業務を主に担当しています。社内の開発チーム、編成チームと連携しながら対応します。電話やメールでいただくお客様からのお問い合わせに対応するというのは、会社のフロントに立つということですから、時には緊張することもあります。気を張る場面はあるものの、お客様から直接感謝の声をいただけることも多く、励みになります。また、お客様の声を社内に届ける重要な役割もあります。お客様との信頼関係が築け、その声を生かして次のステージにつなげることができたときは素直にうれしいです。

サテライトオフィスの在り方と
新しい働き方

えんがわオフィスは地元・徳島のスタッフが多く在籍していますが、希望して東京から異動してきたメンバーもいますし、何より会長である隅田は移住者第1号。長年東京の放送業界の最前線を走りながら、この神山で新たな取り組みをする隅田の話を聞けることはとても興味深いです。えんがわオフィスは少人数ですが、社員がもれなくコミュニケーションを取り合える風通しのいい環境です。一方で恵比寿との連携を図ることも日々の業務を行ううえで欠かすことができません。大画面のテレビ会議システムを介して行われるミーティングや、内線電話、スカイプでの業務連絡など、サテライトオフィスの先駆者的な企業であると自負しています。自宅勤務の検討や、勤務地を自分で選ぶことができるなど(期間限定も可!)、働く場所に対しての自由度がとても高いのも特徴です。こんなに自然豊かな場所にあるオフィスでありながら、新しい会社制度を取り入れたり、RPA技術を導入したりと、常に新しい取り組みを行っているのも面白いですよね。

採用についての
お問い合わせはこちら